婚活のデメリット

困る女性

婚活におけるメリットはとても多いものですが、何かデメリットはあるのでしょうか?

デメリットと言えば、婚活にも危険があるという点です。

婚活イベントの中には、身分証明書さえ提示すれば簡単に参加する事ができるというものもあります。

ネットから事前予約をするという事が基本です。

その婚活会社のメンバーでなくても、当日ビジターで飛び入り参加する事もできます。

比較的簡単に参加しやすいと言えます。

という事はつまり、怪しい人も出席する事が容易にできてしまうという事です。

 

以前ニュースになった事もありますが、結婚詐欺を目的として婚活に参加した女性もいます。

相手の男性を本気にさせ、結婚の話も真剣に進んでいかせ、相手が自分に気を許したスキに、不動産を売りつけて姿を消す輩もいます。

詐欺を働いてから連絡がとれなくなってしまうというような事件もあります。

婚活に参加する人たちは、新たに出会う人たちで、前から知っている人とも異なりますし、友人からの紹介というわけでもありません。

そのため、そこに参加する人たちの中には、悪意をもった方や、悪いたくらみを持った方などもいます。

そのため、慎重に相手の身分や本性を少しずつ探っていかなければなりません。

ご自分のタイプであっただけですぐに気を許してしまったり、話が盛り上がったからといって、すぐに恋愛に発展させてしまうというのも考えものです。

相手の事を本当に信頼できるようになってから、親密になっていくといいです。

独身者が交流する場が欲しい!

独身者が交流する場にいって初対面の方と顔を合わせることがウキウキしたのですが、婚活として考えると期待はずれで、意中の人からアプローチされることは不可能でした。

今すぐ「彼氏が欲しい」との思いはあったりしますが、だからといって実現しないかもしれないという後ろ向きな思考がすぐ芽生えてしまいます。

婚活サービスにおいては一緒になるまでの時間が6ヶ月ごろの人が多いなど、短期間で結婚を決めるケースが多いのも特色です。

生涯の伴侶を捜していることもあるので、ハッキリせずに結婚のタイミングを先延ばしにする人はほぼいないです。

婚活中の女性

趣味をしていたり仲良しグループでいる時は彼氏がいないのも忘れてしまう感じなので、フリーでも寂しく感じたことは何もなかったです。

婚活パーティーは有料なので、良からぬ考えで婚活している人がいない点も特徴となります。

怪しげな婚活サービスだと料金が掛からないところも多く、変な目的で利用している人が多いのですが。

婚活サイトでは一部で悪質な人が活動していることがあるので注意したほうがいいです。

もちろんそういう人はブラックリストに掲載されて退会させられるので存在としては多くはありません。

ネット婚活サービスに入会して3日くらいで復数の会員さんからアプローチが来ました。

みなさん真剣に活動されていて、見つけようとしていて、第一印象も良かったです。

婚活サービスに加入すると、同年代の人も在籍しますが、若々しい人もよく目にすることに落ち込みました。

30代になる前に婚活を始めるんだなってビックリしました。

20代のうちに結婚して家族が欲しいなとなんとなく思っていましたが、交際相手も探せないまま30代半ばを過ぎてしまいました。

何人かは付き合いたい人とも知り合うこともありましたが結婚はしませんでした。

30代前半で結婚は早いでしょうか?

電話中の女性
30代前半で結婚して出産してみたいなと夢見ていましたが、恋人になる人も現れないままアラフォーになりました。

何人かは結婚したいと思える人ともあったのですがダメでした。既婚者ばかりのオフィスだったので、全然男性と出会うチャンスがありませんでした。

恋人探しをしないと未婚のままかもしれないと焦ってしまい、結婚相談所に参加しました。

アプローチされた人で交際希望の人がいたら、専用掲示板を利用しながら互いのことを深めていきます。通常は知っていくうちにやっぱり違うと思えば音信不通になることもあり得ます。

婚活サービスは定期的に開かれていて平日は忙しくて利用できない人や日程が合わなくて土日に行くことが無理という人も予定を合わせられるでしょう。お見合いとは、結婚する人を探すサービスです。

しかしながら、行動するならやれるだけ理想的な異性を見つけ出したいですよね。

学生時代の知り合いには相変わらず未婚者の人が多くいます。それのみか20代でなくなって、結婚できないという感じの人しかいません。

婚活サイトではキャンセル料について揉め事が起こる場合があります。申し込んだ後にスケジュールが変わって途中退会した場合にはそれなりの解約料を請求されることがあるのです。30代になってから焦り始めたのですが、同僚の中では私は若い分類だったので婚活サービスに参加して、かつて会ったことのないタイプの人と巡り会うことを希望していました。

婚活に関連するサービスが増えると出会いの場が増えることもあり、出会えるチャンスも増えるということです。ちょっと前よりも婚活サービスに参加できる機会も増して交際できるかもしれません。婚活サイトは費用が掛かるので、結婚する気がないのに活動している人が少ないことも良い点と言えます。

怪しい婚活サービスだと、料金が発生しないサービスもあり、遊びが目的で暗躍している人が大半です。
私は人見知りなので、街コンのようなジャンルは間違いなく失敗するだろうと思い、ネットで知り合う婚活サイトに申し込みしました。

最終的には良い出会いがありました。前と対比しても結婚情報サービスの種類も増えてただちに日程が可能なものを探しだすことが可能なことでしょう。婚活サービスであれば有料なので、本気で結婚したいと思っている人だけが入会しています。少しは費用が高くなっても参加者が減らないのは、信頼度が高いと言えるからです。

お見合い倶楽部に申し込んであっという間に復数の婚活女性からコンタクトがありました。みなさん真剣に結婚相手を希望していて、雰囲気も安心できました。成果が出なかったら掛かった料金が無駄になると後悔してしまい、相手探しにやる気が出てくるということです。

それが理由となりカップリング率を高めており、理想の結婚相手を見つける方向へと導いてくれます。

結婚情報サービスに登録してみると

婚活女子
結婚情報サービスに登録して翌日に少数ですが女性から交際希望が届きました。

みなさん結婚相手を求めていて、なんとんく良かったです。婚活サービスの良い点は多くありますが、大きなメリットは相手も将来のパートナーを探そうとしていることです。

ほとんどの場合は理想の人がいても既婚者だったりしてお誘いできないことが多いんですよね。

婚活サイトなどのネット婚活に加入している独身者は、大抵は好きな人もいない状況で、デートするお相手を探し求めていることが少なくありません。

ネット婚活サービスに参加したら、一番先に活動している会員を確かめて、ご近所で嗜好や考え方が似ている人にアピールしましょう。

婚活という言葉が人気メディアや口コミサイトSNSで広がったということで社会全体に行き渡っていたことも反映されていると予測されます。

婚活するうちに気に入った人と巡りあえて、会う回数を重ねる度に知らず知らずに結婚の意志が目覚めてきます。

自分を信じて婚活サイトに入会して良かったという方がたくさんおられます。

婚活サイトでは、安心感のあるサポートをしてくれ役に立つアドバイスなどもしてくれます。

結婚したいタイプがまとまらない時には、救いだしてくれたりと仲介人を使用できるのが選ばれる理由です。

結婚相談所であれば無料ではないので、本気で婚活したいと思っている人だけが登録しています。多少は予算が高くなっても参加者が多いのは、安全度が期待できるからです。

このネット婚活に参加した理由については、サポート体制がいい感じで、よくいそうなサクラみたいな人が活動していないと何となく思ったからです。

30代になってから婚活をスタートしたのですが、周辺をみてもまだ自分は年齢的に若かったので婚活イベントに登録して、今まで会えなかった職種の人と会うことを待ち望んでいました。

婚活サービスにおいては結婚するまでの時間が12ヶ月以内の人が多いなど、短期で相手を見つけるケースが多いのも特色です。

双方で結婚相手を捜していることもあるので、優柔不断に結婚のタイミングを先延ばしにする相手はいません。

結婚したい人を手助けする婚活サービスもますます増えていて、結婚活動を成功しやすくなっています。

婚活サイトに参加して、未来の結婚相手を探すのですが、その婚活サービスは婚活サイトがサポートしています。

婚活サービスに加入すると、年上の人も婚活していますが、アラサー前の人も多いことに落ち込みました。

みんな若い頃から婚活を始めるんだなって後悔しました。ネット婚活では、専任アドバイザーと呼ばれている専門家が協力してくれることも特徴です。

今まで交際したことがない人は、どう接すればいいのか迷ってしまうことも多いのでありがたいです。

自分の劣化に驚いてしまうことも・・・

30代になったばかりの頃はそうでもないですけど、40代になると自分の劣化に驚くようになります。

劣化

いくらスキンケアでお肌を整えようとも、フィットネスクラブに通ってダイエットに励んでも、体のいろいろな部分が老化していきます。

外見が少しずつ年齢通りになっていき、もちろん何のケアもしないとあっという間に実年齢を超えた劣化が進んでいきます。

そして劣化は外見だけではなく、内面にもおよんできます。

物覚えが悪くなったり、言葉が出てきにくくなったり。

そういう経験ってありませんか?

別に痴呆というわけではありませんが、加齢に伴ってそういう現象が多くなってくるのです。

外見の劣化や内面の衰えは、人間ならば避けることのできない現象です。

それらの事から目をそむけるのではなく、しっかりと向き合っていくことが大切です。

そしてこれは自分だけに言える事ではなく、お相手の方にも言えることなんです。

年上の人を対象に婚活をしていると、加齢に伴うちょっとした老化を感じる人と出会うことも多くなります。

結婚相談所などで年上の方とお見合いしたときに、「ん!?あれっ???」と思ったことが何回かあるんです。

そういう場合もマイナス要素としてとらえるのではなく、ある程度はやむを得ないことという認識を持ちましょう。

相手も衰えているかもしれませんが、自分だって衰えているのです。

イベントが近付くと憂鬱に・・・

誕生日・クリスマス・バレンタインデー

私の3大憂鬱イベントです( ;∀;)

 

素敵なパートナーがいるとこれらのイベントは待ち遠しくて仕方ないのですが、独り身の場合は苦痛以外の何ものでもありません。

クリスマスやバレンタインデーは1ヶ月くらい前からテレビ・雑誌などが告知を始めるので、結構な期間で苦痛を味わいます(;´Д`)

でも、立場が変わればそんな風には思わないのですから、人間とは勝手な生き物です。

 

独り身の場合はイベントが近付くと、違った観点から見て気持ちを落ち着けるようにしています。

例えばクリスマスだったら、1年間頑張ってきたご褒美に自分へのクリスマスプレゼントを買うようにしています。

少し寂しいのは自覚していますが、誰にもプレゼントをあげられないならば・・・せめて自分にあげたいです。

いつもは欲しいけど我慢していたものを、思い切って買う口実にもなりますし^^;

 

で、誕生日も基本的には同じスタンスでプレゼントなのですが、こちらは1つ年齢を重ねたということなので自分の若さを保つためのプレゼントをするようにしています。

去年はエステの半年コースのチケットを購入しました。

10万円くらいしましたが、これも自分へのプレゼントとキレイになるための必要経費ということで納得して支払うことができました。

 

バレンタインデーは基本的に甘いモノ好きな私ですから、自分が食べたいチョコを買います。

もちろんチョコだけでなく、ケーキなどでもOKですよね。

 

本来は彼氏にしてあげることを自分にするのは寂しい気もしますが、イベントに背を向けるのも気分が滅入っちゃいますよね。

だったらなるべく楽しめるようにということで、自作自演でイベントを楽しんでいます

 

 

置かれた場所で咲きなさい

「置かれた場所で咲きなさい」という本があります。
渡辺和子さんという修道者の方が書かれた本です。

このタイトルって胸に響きませんか?

「咲く」という言葉の意味は、「仕方ないと諦めるのではなく、笑顔で生き、周囲の人々も幸せにすること」なのだそうです。

あなたはいろいろなことを「仕方がない」と諦めていませんか?

30代、40代という年齢だから仕方ない

容姿もよくないから仕方ない

内気だから積極的にいけないのは仕方ない

自分の身の回りに「仕方ない」だらけになっていたら要注意です。

それは諦めの理由になり、咲くことができなくなるからです。

婚活をしていても申し込みがないのは、あなた自身が「仕方ない」と諦めかけているからかもしれません。

「自分の置かれた場所で自分らしく生きていれば、必ず見守って下さる方がいる」と本は続きます。

「咲けない日もありますが、そんな時は根を下へ下へと降ろしましょう。」とも書かれています。

自分の置かれた状況を悲観するばかりでなく、結婚に向けて今の自分に何が必要なのかを考えて前向きに行動をしてみませんか?

すぐに素敵なお相手は見つからなくても、あなたはどんどん輝きを増し、いつしかそんなあなたを見守ってくれるパートナーに出会えることができるはずです。

いろいろな焦りから気持ちが滅入ってしまうことは誰にでもあります。

そんな時は無理をせず少し休憩しましょう。

忙しすぎるあなたには暇がないのです。

本の中には「暇は日間」ということも書かれています。

忙しすぎると「日光が射しこむ間もなくなっている」という状態になっているのだそうです。

そんな状態では、良い婚活ができるとは思えません。

少し休憩して太陽の光を感じることができるくらいゆとりを持てたら、改めて再出発してみるのがいいかもしれません。

 

婚活は待っていてはダメ!

婚活で待っていても大丈夫なのは、職業でいえば「客室乗務員」「モデル」などの華やかな方です。

20代でかわいくてスタイルの良い女性が写真掲載していれば、こちらも待っているだけで男性が群がってきます。

そして、それ以外の女性は待っていても、たまにポツポツとお申込みはあっても期待するほど求愛がある訳ではありません。

それに求愛してくる男性も・・・理想とはほど遠い感じの人ばっかりだったりして。

現実って本当に厳しいものだって実感します。

もちろんそのままだと何のアクションもありません。

じゃあ、気に入った男性に自分からアプローチしてみよう!

・・・と、思って頑張ってアプローチしてみても、良い返事をもらえるケースは少ないでしょう。

これって厳しいけど現実だったりします。

じゃあ、どうすればいいの!?

って、悩みますよね。

こういうつらい状況が続くと婚活疲れが溜まってきたりしてくるのです。

ここで一つの方法を紹介します。

さきほど待っていてもお申し込みがこないので、自分から積極的に行動したけど思うようにならないというケースを紹介しました。

積極的に行動するまでは良かったのですが、その次の行動に失敗があったのです。

あなたは「気に入った男性」にアプローチしましたよね。

そこで選んだ気に入った男性って「高収入」「格好いい」「大手企業・公務員」などの競争の激しいお相手を選んでいませんでしたか?

そのような人には多くの女性から申し込みが次々と入ってきます。

そんな状況の中で選ばれるような女性ならば、最初から待っているだけでお申し込みがきているはずです。

待っているだけでお申込みがこないあなたにとっては、競争の高い男性を狙っても成功率は低いということなのです。

また、厳しいことを書いてしまいました。

意外な盲点があることをご存知でしたか?

男性を検索する時に写真掲載のある方を選びませんでしたか?

当然どんな印象の方か分かった方がいいですよね。

でも、実際にはいろいろな事情で写真掲載ができない男性もたくさんいるのです。

「同僚にバレたら困る」「恥ずかしい」などという理由で、写真掲載をしていない男性が多数いるのです。

だから写真掲載されていない人を除外していた人は、その除外を外して検索するだけで一気に可能性が広がるのです。

もちろん、掲載していたら申し込みが減るような男性が大半かもしれませんが、その中で一絞りの希望が残っている可能性があるのです。

写真掲載の有りを無しに設定するだけでいいから簡単にできますよね。

一度試してみて下さい。

思わぬ出会いが待っているかもしれません。

容姿が悪いと申込みがないって本当!?

婚活が不調だとついつい悩んでしまうのが「自分の容姿」についてという方も多いのではないでしょうか。

男女ともに容姿の不安で多いのが、太っているということです。

これは男女ともに「自分は太っているので容姿が良くない」と思い込んでいます。

もちろんスラっとスリムな方が見栄えはいいのかもしれませんが、太っていることが致命的なマイナスポイントなることは少ないです。

もちろん「痩せている人」が条件の人には選ばれませんが、体型の希望に「特になし」という方は思っている以上に多いです。

結婚て不思議なもので綺麗だから結婚できるわけでもないし、綺麗じゃないから結婚できないというわけでもないんですよね。

そりゃ~カワイイ&格好イイ方が申し込みは多いかもしれませんが、そういう容姿で選ぶ人よりもその他の魅力も含めて選んでもらった方がのちのち苦労が少ないと思います。

だって、容姿はいつか劣化しますから・・・必ず。

不利と感じることだって、実はそうでもないってことも多々あります。

自分の長所をしっかりと理解して、そこを活かせるように磨いていきましょう。

一つだけ注意ポイントが!

それは、身だしなみなどは清潔にしておくことです。

容姿が良くないということと、身だしなみが不潔ということは全然違います。

ヘアスタイルを整えたり、洋服屋さんでお店の人に洋服を選んでもらったりするだけでも、今までうまくいかなかったオシャレ感が劇的に変わることもありますよ。

他の人の力も借りて、身だしなみは小奇麗にしておくと、第一印象も決して悪くなることはありません。

恥ずかしいとか面倒くさいとか思わないで、気楽に身支度を整えてみてはどうでしょうか。

アラサー・アラフォーは婚活で申し込みがない!

婚活で申し込みがない場合に多くの方がその原因だと思うのが、自分の年齢についてです。

アラサー超えからアラフォーにかけては、間違いなく「そこが原因!」と思われていることでしょう。

特に女性の場合は、年齢を気にされる方が多いようです。

でも実はこれって、男性側が女性の年齢を気にされていることが多いからなのです。

「女性は若くないと子供が産めない!」なんてことをいまだに信じきっている男性が多いのは事実です。

年齢で嫌な思いをすることは婚活では避けて通れないことかもしれません。

これは男女関係なく経験することでしょう。

もちろん年齢が若くても、容姿・学歴・収入・職業・家柄・出身地・居住地など、様々なことで嫌な思いをすることはあります。

男性は収入や職業、女性は年齢でつらい思いをすることが多いかもしれませんね。

それでも結婚相談所や婚活サイトなどでは、合コンなどと比較すると結婚したい気持ちの強い人が来るのでマシだと言えます。

お互い結婚について真剣に考えているので、その結論として年齢は譲れない条件だということですから。

これが合コンとか質の悪い婚活パーティーなどは結婚する意志が低い人も参加しているので、簡単に年齢だけで判断されてしまうこともあるから注意が必要です。

複数参加の婚活パーティーやお見合いパーティーでは、どうしても比較対象が多過ぎるし、短時間で決めなければいけないので、見た目や年齢で判断されてしまいがちです。

それと比べるとマンツーマンのお見合いだと、しっかりと相手の本質まで見ようとしてくれますし、時間もたっぷりあるので状況が違ってきます。

もちろん1対1形式のお見合いだと事前に個人情報を確認する段階でお見合いまで発展しないケースもありますが、面と向かって嫌なことを言われないのでストレスや少ないです。

それに仲介役のアドバイザーがいれば、年齢や容姿だけでなく、その方の性格や長所などもしっかりと伝えてもらえるので、お会いできた時は少なからず良い印象を持った状態でお会いすることができます。

それだけに婚活不調の原因が年齢にあるという方は、仲介役がサポートしてくれる結婚情報サービスを利用してみるのがよいと思います。

お相手はあなたのことをしっかりと伝えてもらったうえでお会いする意志があるということですから、少なからずとも年齢だけであなたのことを判断するような人ではないということが分かります。

それだけでも安心して婚活を進めることができるのではないでしょうか。