容姿が悪いと申込みがないって本当!?

婚活が不調だとついつい悩んでしまうのが「自分の容姿」についてという方も多いのではないでしょうか。

男女ともに容姿の不安で多いのが、太っているということです。

これは男女ともに「自分は太っているので容姿が良くない」と思い込んでいます。

もちろんスラっとスリムな方が見栄えはいいのかもしれませんが、太っていることが致命的なマイナスポイントなることは少ないです。

もちろん「痩せている人」が条件の人には選ばれませんが、体型の希望に「特になし」という方は思っている以上に多いです。

結婚て不思議なもので綺麗だから結婚できるわけでもないし、綺麗じゃないから結婚できないというわけでもないんですよね。

そりゃ~カワイイ&格好イイ方が申し込みは多いかもしれませんが、そういう容姿で選ぶ人よりもその他の魅力も含めて選んでもらった方がのちのち苦労が少ないと思います。

だって、容姿はいつか劣化しますから・・・必ず。

不利と感じることだって、実はそうでもないってことも多々あります。

自分の長所をしっかりと理解して、そこを活かせるように磨いていきましょう。

一つだけ注意ポイントが!

それは、身だしなみなどは清潔にしておくことです。

容姿が良くないということと、身だしなみが不潔ということは全然違います。

ヘアスタイルを整えたり、洋服屋さんでお店の人に洋服を選んでもらったりするだけでも、今までうまくいかなかったオシャレ感が劇的に変わることもありますよ。

他の人の力も借りて、身だしなみは小奇麗にしておくと、第一印象も決して悪くなることはありません。

恥ずかしいとか面倒くさいとか思わないで、気楽に身支度を整えてみてはどうでしょうか。